アテツマンサク
d0016725_95365.jpg

三瓶から帰ってきて芸北に入ると,谷沿いにアテツマンサクが目立ってきた.本当は行く時から咲いていたのだけど,往路というのはなんとなく気が急いているので通り過ぎたのだ.こんな風に,咲いてるのは分かってるのだけど「また今度」と思いながら撮り逃した花とか光景は数知れない気がする.今回は帰りに立ち止まれたので良かった.

三瓶で宿泊したセミナーハウスの近くにも,マンサクとベニマンサクが咲いていた.特に,ベニマンサクは初めて見た(と思う)ので,ちょっと嬉しかった.ただ,二つの花を見た感想は「やっぱりアテツマンサクがキレイ」.いや,これは親バカ(?)ではなくて,ちゃんと理由がある.マンサクやベニマンサクは萼片が有色なので,萼片が黄色のアテツマンサクに比べて花が濁って見えるのだ.彩の無い春の山の中では,アテツマンサクの方がより目を引くだろう.ただ,茶室に置くならアテツマンサクよりもマンサク,マンサクよりもベニマンサクに軍配が上がるかな.ま,そんな風に勝手に考えられるのが楽しいところですね.花はそんな思いにお構いなしに咲いているのでしょうが・・・.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-03-21 13:30 | 春 -home-
<< 棚田の雪解け 三瓶山西の原の野焼き >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31