アカショウビンの声を聞きながら目覚める方法
d0016725_22501465.jpg

今年の「チビ野宿」第二弾は,文字通りアカショウビンに起こされた(第一弾はこちら).どうやらすぐ上あたりで鳴いているらしい.外はうっすらと明るい.時刻は5:10.これが目覚めた時の景色.

d0016725_22514191.jpg

暗いのでフラッシュを焚いたのがコレ.先の写真で見えていた木立は,実はメッシュ越しのもの.足の上には靴下が下がっている.

d0016725_22531191.jpg

そして昨宵の床の外観がコレ.そう,ついにハンモックを買ってしまったのです.昨夜はその初使用.マットを使わなかったので少し寒かったけど,揺れながら空中で眠る感覚はとても心地よく,非常にカイテキだった.(もはや野宿とは呼べなくなってきているとも言える・・・)

d0016725_22541771.jpg

このハンモック,フライシートの下にメッシュの天蓋を持った本体を吊すようになっていて,入り口は下側にあり,ベルクロで閉じるようになっている.入り口を開いて腰掛け,足を上げると,重みで自動的に入り口が閉じる仕掛け.そして,眠る時は入り口に対して体をナナメ方向にするので落ちない.良くできてる.

d0016725_22584183.jpg

でも,これの最も良くできているところ(テントよりも優れているところ)は,収納の簡単さだろうと思う.まずはフライシートの張り綱をほどく.

d0016725_22551738.jpg

そして,ポイントは両端に付いている「スネークスキン」というバリスティックナイロンの筒.夜の間は,雨露がメインロープを伝わってハンモック内に落ちてくるのを防いでくれる.

d0016725_22593326.jpg

そして,撤収の時はこれをずらしてハンモック本体をすっぽり覆うだけ.この状態で両端のメインロープを解けば,地面にハンモックを置くことなく,撤収できるのだ.これはすごい!フライ,ポール,本体を順にしまわなければならないテントとは大違いだ.時間的にも,ダウンのシュラフをスタッフし,写真を撮りながらでも10分しかかかっていない.慣れたらもっと早くなるだろう.

d0016725_2303791.jpg

袋に入れてもこのくらいの大きさで,重さも約1kg.う〜ん,いろんな可能性が見えてくる.

ただし,「お一人様」専用です:)


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-07-19 23:05 | 野に還る
<< 八幡の川は,とにかく水が冷たかった 暑い日にトコロテンはおいしかった >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31