ウマノアシガタ
d0016725_0323983.jpg

田のあぜなどに普通に見られる.キツネノボタンなどもひっくるめて,いわゆるキンポウゲと呼ばれる仲間.たくさんあって,目に付きやすくて,目をとめないうちに種になっていたりする.そのくらい身近な花.

金鳳花という名前の由来どおり,花弁には光沢があって,まるでワックスでもかけているようだ.図鑑には,花弁がデンプン粒を含み,表面にクチクラ層(=キューティクル.ヤブツバキの葉なんかもこの層が発達する)があるから,と書いている.クチクラはともかく,デンプンが含まれると聞くと食べてみたくなる.が,キンポウゲ科の中にはアルカロイドを含むものもあるので要注意・・・.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-06 12:57 | 春 -home-
<< ムラサキケマン シュレーゲルアオガエルの卵塊 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31