<   2005年 05月 ( 83 )   > この月の画像一覧
ハナウド
d0016725_011486.jpg

父親から「分からん花があるき調べちょくれ」と言われて見に行った.いかにもセリ科の花なので,すぐに分かりそう.

d0016725_023948.jpg

図鑑をパラパラと見て,ハナウドと同定.花序の周辺部の花では,外側の花弁が長くなる.おもしろい花だなぁ.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-31 06:28 | 夏 -away-
実家に帰った
d0016725_23112165.jpg

久々に2日連続で休みになったので,実家に帰ってみた.この時期に実家に帰るのは何年ぶりだろう?いや,高校卒業以来,この時期に実家に居たことは無いかもしれない.朝食前の仕事に出て行く父について行ってみた.これは倉庫の前を通る平成筑豊鉄道の線路から見た風景.あまり考えたことなかったけど,こんな田舎に複線が敷かれているってスゴイ.炭坑の頃は賑わったんだろうなぁ..

d0016725_23121223.jpg

八幡では田植えが済んで,どの田にも青い苗が植えられているのに,こちらはやっと田起こし.今年は雨が降らないので,トラクターが土を掻くと,土埃が舞い上がる.隣の田には麦が穂を揺らす.見慣れない景色だ.帰ってみてよかった.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-31 06:07 | 放下著
アメリカフウロ
d0016725_075470.jpg

北米産の帰化植物で,ゲンノショウコに比べて葉の切れ込みが深い.田んぼの中で紅葉していた.赤い色と黒く熟した果実が印象的.この時期に既に実を付けるなんて,勝負が早いなぁ.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-31 00:06 | 夏 -away-
夕焼け
d0016725_22461629.jpg

高原の自然館から家に向かう途中,こんな景色が見える.手前には水田,目を遠くにやるとビニールハウス,お寺の高い屋根,そして尾根の上の木立,夕陽.盆地なのだけど広い景色.八幡とはそんなところだ.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-30 19:01 | 放下著
カキツバタ
d0016725_22394513.jpg

八幡高原を有名にしているのは,間違いなくこの花だろう.広島県唯一の自生地で,花期には大勢の観光客が訪れる.ただし,現在見られるカキツバタの群生は,人の手で植えられたものばかりだ.本来の自生地はことごとく改変され,残っているものはほんのわずかしかない.

本来,カキツバタは八幡の至る所で見られ,それこそ水田雑草のように咲いていたという.実際,カキツバタを栽培している方に聞くと,そう弱い花ではないらしい.カキツバタを減少させたのは,圃場整備による水路の改修だ.

d0016725_22403625.jpg

最近では,少しずつ変化も起きてきた.カキツバタの里づくりもそうだが,自宅前のちょっとした池にカキツバタを植える人が増えてきたのだ.さらに,上の写真の水田では,ここ数年,毎年カキツバタが咲く.ほんのわずかだが,イネを植えるスペースをカキツバタのために割くいている.田の持ち主の心が伝わる光景だ.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-30 14:41 | 夏 -home-
アズキナシ
d0016725_2228069.jpg

小さな白い花がたくさん咲くこの季節,ぼーっとしてると見過ごしてしまいそうになる.アズキナシの葉は葉脈が並行に整然と並んでいて,先がすっと尖る.花はたくさんの長い雄しべが目立つ.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-28 10:52 | 夏 -home-
カクレミノ
d0016725_22251079.jpg

全縁のものから深裂するものまで,葉に変異が多くておもしろい.秋には一部の葉が美しく黄葉して緑と黄色の模様をつくり,美しい.3裂までの個体が多い中,この個体は4裂もしていた.名前もいいよね.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-24 16:05 | 夏 -away-
サルトリイバラ
d0016725_2222561.jpg

つい先日花を見たのに,沿岸部ではもう実になっていた.つるのクネクネ具合,実の付き方,葉の質感と,どれを取っても感じの良い植物なのだけど,トゲがあるのでイマイチ好かれない.きれいなんだけどなぁ...


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-24 15:59 | 夏 -away-
美鈴が丘高校の野外実習
d0016725_22162759.jpg

2年前の秋から,春と秋の2回,美鈴が丘高校で野外実習授業の講師をさせていただいている.鈴が峰に登りながら植物観察と地学実習を行う.僕は植物の担当なのだけど,毎回反省が残る.今回は喋りすぎて時間がかかりすぎたことが反省点.でも,生徒に興味を持ってもらおうとするとどうしても・・・ね.本当は毎回同じ事を喋ったら良いのだろうけど,なんとなく同じネタではこちらが盛り上がらない.

d0016725_2217729.jpg

こうした授業をさせて頂いて興味深いのは,毎回,女の子の方が賑やかなこと.人数的には男:女=3:1くらいなんだけどなぁ...ただし,賑やかなのと話を聞いているかどうかは別問題で,しっかりと話を聞いている子は,やっぱり静かについてくる.

今回は初めて「写真を撮ってくれ」という生徒がいた.それにしても,なんでこの子たちはピンクレディーなんて知ってるんだろう???

d0016725_22183065.jpg

今回実感したのは,高校生の子たちは,ほとんど山を歩いていないということ.とにかく上手に歩けない子が多い.そして,植林を見て「この林は気持ちいい〜!」と言っていた.大人たちにブナ林をはじめとする原生林の良さが浸透しているからといって,子供達までそうはなっていないということだ.環境教育の遅れを改めて実感した.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-24 15:27 | 放下著
コシダ
d0016725_22191491.jpg

簡単に見ることができて一般によく知られているシダといえば,ワラビ,ゼンマイ,ウラジロ,スギナ,シシガシラ,そしてこのコシダあたりじゃないだろうか.このうち前4者は食用や飾りになるけれど,後2者はあまり使われることがない.

コシダは山火事跡地にしばしば群生するので,瀬戸内では見ることが多い.小さくてもちゃんと規則的に葉を出している様子がかわいい.


[PR]
by 6th-kingdom | 2005-05-24 11:18 | 夏 -away-