アカショウビンの声を聞きながら目覚める方法
d0016725_22501465.jpg

今年の「チビ野宿」第二弾は,文字通りアカショウビンに起こされた(第一弾はこちら).どうやらすぐ上あたりで鳴いているらしい.外はうっすらと明るい.時刻は5:10.これが目覚めた時の景色.

d0016725_22514191.jpg

暗いのでフラッシュを焚いたのがコレ.先の写真で見えていた木立は,実はメッシュ越しのもの.足の上には靴下が下がっている.

d0016725_22531191.jpg

そして昨宵の床の外観がコレ.そう,ついにハンモックを買ってしまったのです.昨夜はその初使用.マットを使わなかったので少し寒かったけど,揺れながら空中で眠る感覚はとても心地よく,非常にカイテキだった.(もはや野宿とは呼べなくなってきているとも言える・・・)

d0016725_22541771.jpg

このハンモック,フライシートの下にメッシュの天蓋を持った本体を吊すようになっていて,入り口は下側にあり,ベルクロで閉じるようになっている.入り口を開いて腰掛け,足を上げると,重みで自動的に入り口が閉じる仕掛け.そして,眠る時は入り口に対して体をナナメ方向にするので落ちない.良くできてる.

d0016725_22584183.jpg

でも,これの最も良くできているところ(テントよりも優れているところ)は,収納の簡単さだろうと思う.まずはフライシートの張り綱をほどく.

d0016725_22551738.jpg

そして,ポイントは両端に付いている「スネークスキン」というバリスティックナイロンの筒.夜の間は,雨露がメインロープを伝わってハンモック内に落ちてくるのを防いでくれる.

d0016725_22593326.jpg

そして,撤収の時はこれをずらしてハンモック本体をすっぽり覆うだけ.この状態で両端のメインロープを解けば,地面にハンモックを置くことなく,撤収できるのだ.これはすごい!フライ,ポール,本体を順にしまわなければならないテントとは大違いだ.時間的にも,ダウンのシュラフをスタッフし,写真を撮りながらでも10分しかかかっていない.慣れたらもっと早くなるだろう.

d0016725_2303791.jpg

袋に入れてもこのくらいの大きさで,重さも約1kg.う〜ん,いろんな可能性が見えてくる.

ただし,「お一人様」専用です:)


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-19 23:05 | 野に還る
暑い日にトコロテンはおいしかった
d0016725_2152505.jpg

このところ,八幡ではテングチョウ(Libythea celtis celtoides)が大発生している.蝶の人に聞くとあまり珍しい現象ではないそうだけど,今まではあまり気に留めなかった気がする.閉じた時の羽が特徴的.羽化すると,とにかく水を飲みに集まるらしい.食草はエノキ,エゾエノキとなっているけど「八幡にはあまり無いので,何か他のものを食べているかも」ということでした.

d0016725_21534879.jpg

みうらやさんにトコロテン(完成品)のお裾分けを頂いた.馬路村の柚子ぽんと鬼崎のすり胡麻で早速頂いた.トコロテンを押す器具が無いので包丁で切ったのだけど,わりと固くてしっかり切れる.市販のものよりもしっかりしていて美味しかった!良い暑気払いになりました.ごちそうさま.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-18 22:08 | 放下著
作業ハンパなまま翌日に持ち越し
d0016725_0273191.jpg

今日はコイツの調査・・・というか,来年度への橋渡し作業.調査を優先させたので,ダイジョウブかな,と心配したけど,一応,最低限の必要量は採取できたのでヨカッタ.さて,ちゃんと芽を出してくれるかな・・・?

d0016725_0331466.jpg

それにしても,おもしろい種子の配置をしている.重力散布の植物って,あまり種子の形や付け方に配慮してないと思う.とにかく付ける・・・みたいな.あ,でもコイツは基本的に重力散布ときどき水散布なのかな?

d0016725_031670.jpg

夜は「八幡の夜を熱くする会」の会議.今年は7月30日に開催です.30日は湿原再生の会議〜夜行性昆虫の観察会,31日は湿原観察会〜高校のPTA見学会(?)〜某学会での講演と,ナカナカ詰まってる.まぁ,行事というモノはこうしていっぺんにやってくるものなんだろうなぁ...

d0016725_0222985.jpg

調査の前に茶を買おうと思って目に入ったので買ってしまった.ちょっと遅いけど,Happy Happy Birthday!


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-13 00:33 | 放下著
ぽつりぽつり
d0016725_2245344.jpg

このところ自然館に居なくて外ばかりだった.

先週のウイークデイは調査だったし,土曜は自然再生協議会の部局会議,日曜は草刈りで,月曜は飲み対策で休み(この日は午後に出たけど・・・).火曜・水曜は調査.そして木曜は大学.金曜は午前中に高校生,午後から小学生に授業.写真は高校生に授業した時に撮ったアサザ.水中写真はおもしろいけど,なかなか難しい.

d0016725_22455953.jpg

実に2週間ぶりの自然館フル勤務で,仕事がガンガン進んだかというとそうでもない.物書きって進まないものだ(能力のある人はどんどん進むんだろうけど・・・).ただ,一つ大きな宿題に目処が付いたのでよかった.新しく連載記事を書くことになったのだけど,最初の原稿はとても気を遣う.どんなに小さな冊子でも,編集者はとても大切に作っているし,読者は全ての発行物に完全を求める.これは,自分が編集者であり読者だから分かる.一応,自分らしい原稿にはできそうだ.

井川りかこさんから2通目のメールがキタ.ちょっとウレシイ.あしたも来るかタノシミだ.チェーンメールとかSPAMメールも,センスがあって読み手をシアワセにするならいいなぁ.フリーペーパーも同じかな.

明日も自然館.文を書こう.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-09 22:46 | 放下著
ナツツバキ
d0016725_22282118.jpg

ツバキの名があるが,いわゆるツバキ属(Camellia)ではなく,ナツツバキ属(Stewartia)として別の属に分類されている.この仲間は樹皮がなめらかなのが特徴.リョウブに似ている.日本には3種が知られていて,英彦山(高校時代,はじめて植生調査をした山.ブナ林もある)の名を冠するヒコサンヒメシャラ(S. serrata)もこの仲間になる.毎年,「あれれ」と思っているうちに花が終わってしまうのだけど,今年は花の時期に気にかけることができた.花がぽとりと落ちる姿には,ナツツバキという名がとても良く合っていると思う.「紅い椿 白い椿と 落ちにけり」と詠んだのはだれだったか.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-05 18:14 | 夏 -home-
雨らしい一日
草刈り&仕上げの影響を考えて,今日は休みにしていたのだけど,結局午後は出勤した.雨の日らしく,室内でゴソゴソといろんなものを片づけたりした.湿度が少し高かったので,仕事の後に柳屋さんと飲んだ生ビールがおいしかった.よしき君,いつも遅くにありがとね.
明日はお休み.晴れたら調査.ちょっと前までは「雨降ってクレー」と思っていたけど,調査が済んでいないのでやっぱり晴れてほしい.勝手なもんだ.
ブログタイトルに沿うように記事を書いているのだけど,なかなか日付が追いついてこない.ストックは1ヶ月近くある.コマッタなぁ...
[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-07-05 01:04 | 放下著
調査も終わり,執筆も終わり,オナカも回復し,ちょっとスッキリ
d0016725_21452521.jpg

昨日は西中国山地自然史研究会の植生調査イベント.今回で6回目となるこのイベントは,大学時代の研究室仲間の協力なしには成り立たない.なにしろ,調査をご存じない人たちに調査を体験していただこうというのだから,班長には調査方法の解説はもちろん,植物に関する知識と飽きさせない技量が必要になる.今回も,茂田君&佐久間さんの協力を得て,予定していた調査を終えることができた.特に,前日の懇親会で二人の果たした役割は大きかった(?).佐久間さんは懇親会発案者だしね.感謝:)当日は雨に降られたものの,上手さん解説でヒメシジミの観察というオプションがあり,僕も楽しめた.写真はヒメシジミのオスとメス.仲良さそうに並んでいるけど,並んでるだけじゃペアじゃない...

変わって今日は室内での執筆〜事務処理〜webサイト管理.特に,原稿を貯めていたので,書き終えてスッキリした.待たせた編集の方たち,スミマセンでした.

過去は変えられないけど,未来には自分の意志を込められる.人生にはイロイロなことがあるなぁ.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-06-27 21:45 | 放下著
風邪を引いたのか?
d0016725_18151934.jpg

そういえば,昨日の夕食からなんだか味覚がヘンだったような気がする.オナカの調子が悪いのはいつものことなので,気に留めていなかったら,午後から頭もズクンズクンしてきた.柳屋さんに「あんた,それ,風邪よ」と指摘されて納得.早く治さねば・・・.そう思いながらも,気になっていたことがあったので出かけた.先日,ジョギングしていたら,側溝のボックスで20cmくらいのゴギを見つけたのだ.今日はそれを撮りに行ったら,ゴギは居なかった...誰かに捕られたか,それとも溝を下ったか.そんなわけで,これは同居していたアブラバヤ.

d0016725_1816781.jpg

そしてイモリ.目の膜が面白い.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-06-24 18:16 | 放下著
祭の役が当たった
d0016725_23114677.jpg

午前中は家の片づけをした後,昨日の宿題の続きをしに苅尾の山麓に行った.問い合わせのあった実はウグイスカグラだった.赤くてかわいい実.日に透かすと,中に入っている種が見える.口に含むとほのかな甘みがある.平たい種が8つ入っていた.

午後からはまた調査.今日は蚊取り線香と虫除けパッチを持ってきた.でも,効いているんだかいないんだか分からない・・・.ブユには効かないのかなぁ.

青年の会議で,新しい役員と今年の行事役員が決まった.祭の役が当たってしまった.ちゃんとできるのだろうか.不安.


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-06-22 23:12 | 放下著
またもや落とし物
d0016725_327482.jpg

休みだったので宿題(自然館への問い合わせへの対応)をするために苅尾と掛頭に行った.そのついでに,町史のための写真を撮った.カシワの葉は展葉の時にすごくきれいだけど,大きくなってからも表の緑と白っぽい葉裏がきれいだな,と思った.ヤマツツジもなんとか見頃に間に合ったようだ.

一通り写真を撮って,午後からは調査・・・のつもりだったのだけど,昼食の時にケータイを落としたことに気付き,掛頭に戻って探した.見つけた時にはかなり時間が遅くなっていたので,調査には行かず,室内での執筆作業に切り替えた.昨日の反省を踏まえて虫対策を万全にしたのに,なんだかなぁ...

ようやく雨が降るかと思ったけど,ぱらりと来ただけだった.ホントにどうなっちゃうんだろう...


[PR]
# by 6th-kingdom | 2005-06-22 03:30 | 放下著


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31